インタビューinterview

vol.3
大手企業の社員から農業での独立に挑戦地元の子どもたちも喜ぶイチゴ観光農園をつくる!

高泉博幸(新規就農研修生)

愛称:ヒロくん
1986年生まれ(31歳)、宮城県石巻市出身
2017年研修入学

2017年3月『ガイアの夜明け』で放映されたGRA。ベタかもしれないがこの番組のおかげで、20代からやりたかった“農業を手掛けること”が現実味を帯びた。

18歳で大手企業に入社し、今年新規就農を決めるまで12年間勤務。大手企業で守られた環境のなか安定した仕事ができるキャリアは捨てがたかったが、「仕事を通じて人の役に立ち人を幸せにしたい」という自分の想いを、もっと叶えられる方法は農業かもしれない、という思いが常々頭の中をよぎっていた。

いざ新規就農研修生になる決断の時。一歩踏み出すとなると、例えば研修期間1年の生活費なども気になりGRAに確認。年150万円の給付金が出ると分かり安心材料になるなど、GRAのサポートに後押しされ、農業に踏み切ることができた。残るは、イチゴの生産過程をしっかり習得するのみ。一から自分で農業を手掛けるよりリスクが少ないことが何よりありがたい。

研修が明けたら、まずは家族と地権者に一番最初のミガキイチゴを食べてもらいたい。GRAにイチゴを安定供給できるようになったら、次に観光農園をつくり、その先に地元の子どもたちに何らかを提供できるサービスをつくる。ずっと夢だった農業。毎年一歩ずつ前進して、着実に必ず叶えていく。

インタビュー 一覧